法人口座の振込手数料を知る

法人口座を選ぶ時のポイント

起業をしたら、まず開設しておきたいのが法人口座です。個人の口座と分けることで、お金の管理が楽になるだけでなく、税務署から余計な疑いをかけられずに済むなどのメリットが生まれます。そんな法人口座は、メガバンクは勿論、地方銀行やネット銀行でも開設可能です。取引先に安心感を与えるためには、誰もが知るメガバンクを選んでおくことが有効ですが、使いやすさにこだわるのであれば振込手数料に注目をして法人口座開設を行う銀行を選ぶようにすると良いでしょう。振込手数料がかかる条件、必要な料金などは銀行によって異なります。1回の手数料の差は僅かでも、振込を行う機会が多ければ大きな差になるため、口座開設前には振込手数料に関するチェックをしておくことがおすすめです。

振込手数料が必要となる条件と金額

振込手数料がどの程度必要になるかは、法人口座を開設する銀行によって変わってきます。同一銀行の同一支店内の振込は無料となる銀行もあれば、同一支店内の振込であっても有料となる銀行もあります。同じ銀行であっても、他支店や本店宛ては有料となることが一般的で、必要となる料金は銀行によって様々です。それに対し、他行への振込はどの法人口座を選んでも有料です。さらに、1回の振込にかかる手数料には大きな差があり、同じ金額の振込であってもかかる手数料は2倍から3倍以上の開きが出てしまうということは少なくありません。それだけに、法人口座を開設する前には、振込手数料が発生する条件や金額についてもしっかりと確認しておくことがおすすめです。