法人口座の月額基本料を知る

維持費が必要となることもある法人口座

法人口座開設の前に、確認しておきたいことが月額基本料の有無です。月額基本料の有無は銀行によって異なり、地方銀行やネット銀行などは維持費無料となっていることが多いのに対し、メガバンクでは月額基本料が必要となることが殆どです。メガバンク以外でも、月額基本料を必要とする銀行も珍しくないため、毎月の固定費を少なく抑えたいと考えているのであれば、月額基本料がかからない銀行を選んでおくのも良いでしょう。ただ、法人口座を開設している銀行名によって、企業や事務所の信用度が大きく変わることは少なくありません。取引先に対して良い印象を与えたい、信用度を高めたいという場合は、月額基本料を支払ってでもメガバンクを選ぶ方が良いこともあります。

月額基本料金は支払った方が良いか

過去には、社会保険料の口座振替など、ネット銀行の法人口座ではできないことというのも存在しました。月額基本料が無料であっても、できないことがある場合は、様々な振込や振替などに対応できるメガバンクの法人口座を持っておく方が、スムーズに仕事を進めていくことができます。しかし、社会保険料の口座振替に対応可能なネット銀行も増え、サービス内容に差はなくなりつつあります。そのことを考えると、負担に感じるのであれば無理に月額基本料を支払う必要はない時代に変わってきていると言えるでしょう。そのため、これから法人口座を開設する時には、企業や事務所を経営していく上で本当に必要なことは何か、シンプルに考えた上で最適な銀行を選ぶようにすると良いでしょう。